小児歯科・歯列矯正は札幌西区 庄内こどもの歯科

庄内こどもの歯科
PCサイト

歯列矯正

月 ~ 金 10:00~18:00
10:00~15:00
日・祝 休診日

※昼休み:13:00~14:00

マウスピース型の矯正

プレオルソは、現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。

メリットは、歯ならび以外にも、噛み合わせやお口ポカン、口呼吸から鼻呼吸への改善など、
お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。

プレオルソは、様々なタイプの歯ならびを改善することが出来ます。

歯ならび 出っ歯 横から見た時に上の歯が出ている
歯ならび 凸凹 4人掛けの椅子に6人座っている状態
歯ならび 受け口 横から見た時に下の歯が出ている
歯ならび 開咬 奥歯は噛むけど前歯が閉じない
歯ならび 深い噛み合わせ 上の歯が下の歯に覆いかぶさっている

type-Ⅰ
出っ歯、噛み合わせが深い

type-Ⅱ
前歯が噛み合わない

type-Ⅲ
受け口

幼児なら1年以内効果、改善9割
寝ている間と起きている時間にマウスピースを装着します。

3歳児検診で4~5%該当
下の歯が前に出ていると、噛み合わせが悪いため、食べ物をしっかりと噛み砕きにくく、 歯が長持ちしない場合もあります。
その他、息がもれるため発音がうまくできなかったりもします。
現在、3歳児検診で受け口は、年間約4万~5万人(4~5%)が該当するといわれています。
永久歯が生えるまで様子を見ましょうと思われがちですが、自然治癒する割合は1割にも満たないのが現状です。
最近注目されている方法が幼児のうちに改善させる「プレオルソ」治療法です。
この治療方法は、寝ている間と起きている時間に特殊なマウスピースを装着するだけです。
3ヶ月~2年で効果が表れ、約9割のお子様に改善が見られています。
対象年齢は3~8歳で、治療費も以前の矯正方法より低価格におこなえます。
(効果については個人差があります)
詳しくは直接、来院いただきご相談ください。

歯列矯正について

歯の矯正は小さいうちに矯正したほうがいいとよく聞くと思います。
早く治す「早期矯正」とは、単純に早いうちから矯正治療をする事を指しているわけではありません。
成長の発育を利用し、歯だけではなく顎骨に影響を与える事で好ましい輪郭に導く為に、安定した咬合を得るための矯正治療をいいます。
低年齢からの矯正治療だけで治療が終わる場合と一度終了した後、第二段階の矯正治療が必要な場合もあります。
「歯ならびを矯正したい」「受け口を治したい」お子様がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。
歯ならびが悪いと見た目が悪いばかりでなく、人前で口を開けて笑う事をためらったり、むし歯になりやすくなります。
歯ならびの矯正や噛み合わせの矯正は症状によって治療方法が異なり、また矯正する期間は人によってちがいます。
当院では、治療終了後に噛み合わせが戻らないように時間や期間を極力かけないように、治療スケジュールを組みます。
歯列矯正について、ご不明な点やご心配な点がある方はお気軽にお問合せください。

プレオルソだけを使った治療例

※治療効果には個人差があります

プレオルソこども歯ならび矯正法
「プレオルソ」って知ってますか?

地下鉄東西線宮の沢駅そば
庄内こどもの歯科
ご予約は(TEL)011-663-6874
札幌市西区西町北20丁目2番12号
SR宮の沢メディカルII ビル1階
メールでお問合せ